広島県三次市布野町           中村憲吉記念文芸館 ホームページ

6月27日(火)

布野町下布野にお住まいの砂川四郎様から、砂川家に伝わる文化遺産の寄贈を受けました。

元文年間(1736年41年)の丁銀や広島藩銀札などで、家に持っておくよりも憲吉がこよなく愛した布野の文化遺産として多くの方に見ていただきたいとの思いから寄贈される気持ちになられたそうです。

憲吉文芸館では一緒に戴いた展示ケースに収納し、母屋の居間に展示しております。どうぞご覧ください。

 

 

 

 

6月14日(水)

NTTーOBのサークル月木会の皆様が、昨年に引き続き憲吉文芸館客殿で茶席を開かれました。

落ち着いた客殿のたたずまいが茶席に最適だと、参加された皆様には好評でした。

 

 

 

 

4月12日(水)

文芸館取材のため広島テレビの取材班がお出でになりました。

担当は柏村武昭さんと西名アナウンサーです。番組名は「みよし観光研究所」

文芸館の収録を終えて道の駅ゆめランド布野の「田舎バイキング料理」なども取材されました。

テレビ放映は5月16日の予定です。

 

 

 

 

3月を迎えた憲吉文芸館ですが、布野図書館玄関前の駐車場には集積された雪の塊が残っています。とはいえ新聞紙上には各地からウグイスの便りが寄せられ、春の訪れを感じる時季でもあります。まもなく憲吉生家裏庭(国道54号側)でも紅白の梅が咲き始めます。この季節昭和3年に岡山後楽園の情景をを詠んだ歌を紹介します。

 

 

 

枝がちて蕾ながらの梅の園白鶴を清く居らしめにけり

 

                      (昭和三年 軽雷集)

 

 紹介する憲吉直筆の掛け軸は、中村家の親族で大阪にお住まいの安田清子様から寄贈していただいたものです。清子様は一昨年天寿を全うされ、昨年は憲吉四女の裕子様も亡くなられて憲吉を直接知る親族は居られなくなったそうです。

 

Kenkichi ページ

               お知らせ(平成29年1月)

 

中村憲吉記念短歌交流会は例年5月上旬に開催してきましたが、今年29年は諸般の事情から開催時期を秋頃として検討中です。

皆様にはご不便をおかけすることになりますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

 

 

明けましておめでとうございます

平成29年元旦

 

今年も中村憲吉記念文芸館 よろしくお願いします。

 

 

 

沢山のかたに来ていただき、笑ってもらいました。有り難うございました。

12月23日 10:30~1230

 

中村憲吉記念文芸館で稽古した小学生落語家たちが、布野生涯学習センターホールにおいて「浮沼亭一門 子供落語席」発表会を開催します。

 

 

 

12月15日(木)

 

今日はとても寒い日でしたが、例年のように中村憲吉記念文芸館玄関前に門松を作って飾りました。手が冷たくて結構大変でしたが出来上がると達成感はあります。

 

 

 

ただ今開催中です

布野にゆかりの画家浜田香織さんの展示会を開催しています。
日時 11月15日から30日 10:00~18:00
   月曜日は休館です
場所 中村憲吉記念文芸館・布野図書館 学習室
問い合わせは 090-4890-5279(升井)...
   

 

 

 

憲吉文芸館で落語教室

 

放課後児童クラブの児童が落語を勉強しに来るようになって5年になります。今年の落語希望児童は9名で、いつも大にぎわいです。

1年生2人、2年生3人、4年生4人、早く覚えた子もゆっくりの子も楽しんでいるようです。小学校の発表会では時間の都合で一人だけの発表でしたが、12月23日には「浮沼亭一門素人落語大会」を催す計画です。その時にはみんな落語を語るよう考えています。

練習の模様を中国新聞記者に取材してもらいました。

 

 

10月19日

35回目となる文化交流会で尾道市長江小学校4年生22名が布野町にやってきました。

歌人中村憲吉が生まれた三次市布野町と、亡くなった尾道市の小学校4年生が互いに訪問しあう交流会は、今年で35回を数えます。

憲吉文芸館や、中村家の墓地、小原屋橋の親柱4本に刻まれた憲吉四季の歌を、布野証4年生の児童15名が案内し説明しました。

文芸館では憲吉が生活した家を見学し、憲吉の作歌していた場所に座るなどの体験もしました。

 

 

 

10月の展示会スタートしました。

展示は華やかでうっとりするような作品ばかりです。

 

展示会場は中村憲吉記念文芸館隣接図書館の学習室「アララギ」です。 

10:00~18:00(休館日 毎週月曜日) 

入場無料  

10月1日(土)~22日(土)

「エーッ! と驚くアート工芸展」

布野町出身で江田島市在住の久保田明美さんの作品展です。

 

展示会に関する問い合わせ先 090-4890-5279(升井)

 

 

 

 

1回目の展示会終了しました。

「藤原郁子 感謝の卒寿展」にはたくさんの方がお出でくださり、有難うございました。

 

 

9月展示会のご案内。

 

展示会場は中村憲吉記念文芸館隣接図書館の学習室「アララギ」です。 

10:00~18:00(休館日 毎週月曜日) 

入場無料  

9月10日(土)~25日(日) 

布野に生まれて90年「藤原郁子・感謝の卒寿展」 

書・絵皿・染め物など

 

10月、11月にも展示会を予定しており、別途ご案内します。

文芸館開館時に三次市が提供した案内番組です。ご覧ください

http://www.youtube.com/watch?v=IdLWudu-vmE

 

 

平成24年2月25日、開館を迎えたころの景観です。

 

 「中村憲吉記念文芸館のホームページ」へ、ようこそおいでくださいました。

 

 中村憲吉記念文芸館は、ここ三次市布野町出身のアララギ派歌人、中村憲吉(1889~1934年)を顕彰する施設として平成24年2月25日に開館しました。

 

 館内は自由に見学していただけます。また、短歌会や朗読会など文芸に関する集まりにもご利用いただけます。

 

 開館時間 10:00~18:00

        (入館受付は17:00まで)

 入館料   無料

 休館日   毎週月曜日及び12月29日~

         翌年1月3日

 案内人   常駐していません。

  ※ 案内を必要とされる方は事前に 「布野 町まちづくり連合会」(TEL 0824-54-2119) へご連絡下さい。受付は平日の 8:30~17:00 です。案内・資料代等は、運営協力費として別途お願いしております。

 

文芸館開館時に三次市が提供した案内番組です。 

 http://www.youtube.com/watch?v=IdLWudu-vmE